うたまっぷ掲示板
■音楽交流掲示板・ファン広場
音楽に関する話題ならなんでもOK♪な掲示板です!
■タイトル:今の音楽と昔の音楽について
NO:1393 投稿者:@ IP:125.197.213.18 2016/12/15 21:31:20
初めまして、中学生の@と申します。
ネットで音楽に関する掲示板がないか探していたら、ここにたどり着きました。

今回は皆様に、今の音楽と昔の音楽をどう思うかについて、お聞きしたいと思います。
昔の方がいいとか、今の方がいいとか、どんな意見でも構いません。率直なご意見をお聞かせください。
■タイトル:Re:今の音楽と昔の音楽について
NO:1393-1 投稿者:匿名 IP:49.98.209.187 2016/12/16 18:44:21
初めに僕の意見を書かせてもらいます。

今も昔も、純粋に良いと言える音楽はたくさんあると思います。
しかし今の音楽シーンには、昔と比べてその絶対数が少なくなってしまったように思うのです。
僕は昔の音楽――だいたい60〜80年代頃の曲ですかね――をよく聞くのですが、なんと言うか、曲に温もりを感じます。言葉一つ一つからサウンドまで丁寧に作り込まれていて、本当の意味で安心したり、感動したり出来るのです。
また、この頃は特に歌詞を重視する傾向があるな、と個人的に思います。太田裕美の『木綿のハンカチーフ』のように対話形式だったり、坂本九の『上を向いて歩こう』のように聴き手に想像させる曲だったり、松任谷由実の『ルージュの伝言』ではブラックな夫婦事情を明るい曲調に乗せてみたり。どれも他にはない個性と良さがあって良いな、と思います。
一方最近の音楽は、歌詞よりメロディーやサウンドを重視する傾向があるように思います。凛として時雨というバンドのような過激で攻撃的なサウンドだったり、ハイスイノナサというバンドのように変拍子を駆使したテクニカルで無機的な音楽だったり。最近のジャニーズやアイドルの曲に目を向けると、歌詞にあまり意味がなく、ノリやリズム感を重視した曲も見かけます。
最近の曲にも良いものはたくさんあるのです。ですが、昔と比べてその数は減って、さらに昔より見つけにくくなったように思います。今どきの人気曲におされて、良い曲のバリエーションが少なくなってしまったな、と。そして、本当の意味で良いと思える曲も減ってしまったと思います。
今も昔も良い曲はあるけど、今の方が昔より少なくなった。というのが僕の見方です。
皆様はどう思われますか?
■タイトル:Re:今の音楽と昔の音楽について
NO:1393-2 投稿者:@ IP:49.98.209.187 2016/12/16 18:58:53
すみません、上の投稿とこの投稿はどちらも僕が書きました。混乱させてしまい申し訳ございません。

僕がオススメの曲も書いておきます。興味を持たれましたら是非聴いて下さい。ほとんどはyoutubeで聴けると思います。

坂本九『上を向いて歩こう』
橋幸夫&吉永小百合『いつでも夢を』
太田裕美『木綿のハンカチーフ』
松田聖子『SWEET MEMORIES』
松任谷由実『やさしさに包まれたなら』
小田和正『風は止んだ』
SEKAI NO OWARI『花鳥風月』
RADWIMPS『有心論』
BUMP OF CHICKEN『友達の唄』
ハイスイノナサ『地下鉄の動態』
凛として時雨『Metamorphose』
ONE OK ROCK『The Way Back』
indigo la End『抱きしめて』
○このスレッドに投稿する時はこのフォームに入力してください。
お名前
メールアドレス
タイトル
内容
タイトル背景色
内容背景色
削除パスワード
 
NO - 削除パスワード






うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
©2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1