うたまっぷ掲示板
■自作歌詞[批評・意見交換]掲示板
辛口歓迎!?悪口厳禁× よりディープに語りたい作詞者様向けの板です◎
■タイトル:クリスマスが近付いてきて、こんな幸せがどこかの誰かに訪れるんだろうな、と思って作りました。評価よろしくお願いします。
NO:2387 投稿者:バンド組みたい IP:220.104.197.124 2018/12/07 23:45:30
曲名:もぐら

A
言葉遊びの日々から
抜け出そうぜ 今決めた
夕方5時のざわめき
ぐらつきながら手に入れた

B
伝説のアイテム 二人は魔法に包まれて
ささやかなオレンジがずっと続いていく

サビ
あの日の2人はランデブー
今夜の2人はフォーリンラブ
深く深く確かめ合って
戻れないとこへ行ってみよう
なんて掴めそうな未来に
もうぐらぐら
ああスキップしたい帰り道 やってこい

C
赤いバラの花束抱え
君の好きな真っ白のスズラン添えて
『今日は何の日?』
真面目な顔で答えたら
君の頭に照れながら
小さなウェディングベール
たまらなくなって綺麗だと言いたい

B
臆病に恋をして 泣けもせず傷ついてきた
そんな思い出も輝いてきたこと伝えよう

サビ
あの日の2人はランデブー
今夜の2人はフォーリンラブ
深く深く確かめ合って
戻れないとこへ行ってみよう

明日の朝はハッピーキッス
にやけて駅まで猛ダッシュ
回る惑星 火をつけて
一緒の夢見るまで踊ろう
なんて掴めそうな未来に
もうぐらぐら
ああスキップしたい帰り道 やってこい

A
言葉遊びの日々から
抜け出そうぜ 今言った
夕食時の誰よりも
幸せかみしめている


→19歳、女です。将来バンドを組んでオリジナル曲をたくさん作りたいと思っています。評価やアドバイスを加味してこの曲もいつか音源化できたらいいな、と思っています。メロディーはCメロ以外決めました笑笑
アドバイスなどよろしくお願いします。
■タイトル:Re:クリスマスが近付いてきて、こんな幸せがどこかの誰かに訪れるんだろうな、と思って作りました。評価よろしくお願いします。
NO:2387-1 投稿者:バンド組みたい IP:220.104.197.124 2018/12/08 01:11:11
すみません、1回目のB「2人は魔法に包まれて」を
「2人を包む魔法のキラリ」に変更させてください。
この部分が分かりにくいかな、と思ったので🙏
■タイトル:一見、キレイに纏まっている様に視えて、2つの世界観がちぐはぐに混じっている
NO:2387-2 投稿者:WindzBlue IP:153.232.166.100 2018/12/08 08:53:50
冒頭のA、B、を視ると、今どきの10代のウキウキ感を描いている、かの様に思いましたが、読み進めていくと、20代半ばくらいの結婚をするらしきくらいの年代の男女が登場人物だった?様に視え、既に、それで読み手の中ではズレが生じ、

「伝説のアイテム」から「~魔法のキラリ」につながると考えると、
夕方5時のざわめきの中で、登場人物は何かの目的を持ってその場を行き交っているのだと思いますが、
「オレンジがずっと続いて~」につながるのだと思いますが、その事情がこの表現だと、何を言っているのかほぼ不明でした。
「2人は魔法に包まれて」ではなく「2人を包む魔法のキラリ」でも、当方の見立て的には分かり難さは同じでした。

又、Bで、実は登場人物は2人だと書かれていますが、その直前まで主人公の1人の物語かとてっきり思いまして、
そして、Cまで来て、その2人は結婚する者同士らしき事だったと判り、しかし、その2人はどういう関係性、立場の2人か?が、1~2行分程度でも描かれていれば良かったのですが、見当たらない気がしまして、

そして、文体が、
まだ10代っぽい子供っぽい人物が発している様な箇所と、
実は登場人物はもう大人の結婚世代だった・・・と見える箇所と、
2つの世界観が混在しており、
キレイめでオシャレっぽい印象を一見、与えそうな作品ですが、失敗している様に当方みは視えました。

そして、Cは、文字数量的にも、作品の流れで置く位置的にも、合っていないと当方は視ました。
Cを最後のAのところに持ってきて、最後のAはその逆にして、あとは改稿を加えて、仕上げに持っていく、という方が自然でカッコいいと思いました。

苦言失礼致しました。
--------------------------

「作詞のヒント.com」https://sakushi-hint.com/
20数年以上の作詞経験と累計7年の通信講座受講歴から培ったヒントやコツをご案内致します
■タイトル:Re:クリスマスが近付いてきて、こんな幸せがどこかの誰かに訪れるんだろうな、と思って作りました。評価よろしくお願いします。
NO:2387-3 投稿者:バンド組みたい IP:220.104.197.124 2018/12/08 12:05:00
アドバイスありがとうございます。
まず、自分で作ったメロディーでは最初のA→Bは間奏なく続いていくのでニュアンスとしては『手に入れた伝説のアイテム』というつながりとして考えています。そしてその伝説のアイテムというのがさらに続く『2人を包む魔法のキラリ』となるのですが、ここを『君と繋がる魔法のキラリ』にしたらわかりやすくなりますか??
自分の中で結婚するということはささやかな幸せがずっと続いてくことが理想と考えていたので、一日のなかでほんの少しの間だけ見えるオレンジの夕日が日々の中心になっていくような柔らかい未来を描ければいいなと思って書きました。わかりにくくて申し訳ありません。メロディーありきで考えてしまうので、自分の作る歌詞はいつも何度も聴けるようなものを意識して作ってしまいます。歌詞だけだとやんわりしていたものがメロディーを加えることによって色が付いていくような歌詞が好きで、でも自作歌詞を見て貰うにはそれだと限界がありますよね…。
後、2つの世界観が入り交じっているという指摘を頂きましたが、そこに関しては意識して作った節があります。結婚というものに浮かれてついつい子どものようになってしまうかわいい恋模様を描ければいいな、とおもって作りました。

また、順序が入れ替わってしまいますが、Bで初めて登場人物が2人であることがわかることを問題点としてあげて頂きました。この点につきましては、主人公の男性目線で指輪をあげたらそれがさらに幸せを増長してまるで魔法に包まれたような2人になるんじゃないかな、と想像している様子を描いたので映像としては一人になります。しかし、自分の中ではそう完結していますが、初めて見て頂いた方にそこまで伝わらないと意味がありませんね…。個人的には言葉遊びという最初の部分で誰かと探り探りのおしゃべりを続けてきた→Bでそれが結婚を今日申し込もうとしている恋人だと分かった、と読者の方が繋がってくれればいいな、と思ったのですがやはり分かりにくいですか?
長々と申し訳ありません。自己完結していた作品が他の方を介して問題点が浮き彫りになっていくのがとても新鮮で楽しかったです。面倒だとは思いますが、以上の点を踏まえてさらにアドバイスを頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
■タイトル:説明は全て、作品の中で表現といて描かれているべき事
NO:2387-4 投稿者:WindzBlue IP:153.232.166.100 2018/12/08 13:47:55
批評の内容を読まれて、だいぶ長い説明をされておられますが、
当方は、時々言っている事ではあるのですが、

評価者は(特にプロの現場にもなれば)、都度、その全てを聞き入れてはくれません。
世に出す作品としてOKかNGか、恐らくそれだけでしょう。

当方も、申し訳ないのですが、この説明を全部は読んでいません。

これは全て、書き手さんの中では成り立っている事柄と思いますが、批評者はそれを凡そ無視して単純に作品がどうか?を診ます。

「これはこうなんですよ」
という主張は全て、作品中で描かれているべき事で、何をどう言っても、読み手/聴き手/評価者に通じなければ仕方ない事で、作品力を上げるしか無い事でしょう。

頑張って下さい。
○このスレッドに投稿する時はこのフォームに入力してください。
お名前
メールアドレス
タイトル
内容
タイトル背景色
内容背景色
削除パスワード
 
NO - 削除パスワード






うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
©2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1