うたまっぷ掲示板
■自作歌詞[批評・意見交換]掲示板
辛口歓迎!?悪口厳禁× よりディープに語りたい作詞者様向けの板です◎
■タイトル:初投稿です 評価おねがいします
NO:2368 投稿者:なめくじ IP:119.240.70.246 2018/10/28 23:39:39
恋の香りがした 窓開けた朝には
6ヶ月後の 冷たい風が
紅く熟れた恋も 窓閉める頃には
枯れてしまうだろう

いつか弾け消えた
ぼくはきがつかずに
春が舞い散るから
それしかみえなかった

恋の香りがした 君想う頃には
君じゃなきゃって言うけど
君を待って 君想う頃には
消えてしまうだろう

実り弾け消えた
ぼくは気がつけずに
秋が熟れ枯れるから
君しか見えなかった

恋の香りがした 窓開けた朝には
今年もまた冷たい風が
空気を吸って 窓閉めてみても
匂いなんてしないんだね
■タイトル:もっと展開して膨らませれば
NO:2368-1 投稿者:WindzBlue IP:153.232.166.100 2018/11/03 13:27:31
作品的には決して悪い印象はありませんでした。

文字数、ブロック構成的にも、これで何とかしようと思えば出来る程度かと視えましたが、回想的なタッチの作品に視えるが故に、作者の中では、作品中の主人公の思考がこれで成り立っているんでしょうけど、読んでみてそこそこ分かり難さは終始付き纏ったので、
サラリとしたタッチの作品の中にも、作中に出ていくる「きみ」と「ぼく」という2つの絶対的柱にもうちょっと具体性を付ければ、もっと判り易く伝わってくる作品になったのに、と思いました。

何か、作者の中で自己完結してしまっている感もありまして。

ただ、書き手の才は視えている気がしました。
○このスレッドに投稿する時はこのフォームに入力してください。
お名前
メールアドレス
タイトル
内容
タイトル背景色
内容背景色
削除パスワード
 
NO - 削除パスワード






うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
©2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1